食事

食事
食事の紹介です。
Bright Dimensionsは語学学校としては珍しくフィリピンの郷土料理で生徒の皆さんをおもてなしします。開校に当たって日本人スタッフ協力の下、メニューを考案しました。そのため、フォリピンの郷土料理を堪能しつつも日本人が苦手とする材料、味付け、香辛料は除かれており、日本人にとって親しみやすい味になっています。

本校のこだわりである、「お互いの文化を尊重しよう」という想いから生まれた試みです。主食は日本のものよりさらりと軽めの白米。さらに、バギオは野菜が新鮮で美味しいことでも有名なので、フィリピンでありがちな肉類に偏る食生活になることもなく、栄養バランスもしっかり取れるメニューとなっています。

また、随時ご意見・ご要望にお応えしていくつもりなので、日本人スタッフを通じてご相談をお願いします。フィリピン料理はイメージが湧きにくいと思うので、写真をたくさん載せておきます。

Bright Dimensionsの食事

食事
こちらは豆腐の甘辛煮。本校は大きなお皿から好きな分をよそうビュッフェスタイルで、好きなものを好きなだけ盛り付けられます。

食事
野菜や豚肉や鳥肉を煮込んだスープ。あっさりした味付け。野菜は日本でもおなじみの物がほとんどで北部で採れた新鮮な野菜をマーケットより調達しています。

食事
本格的な味付けのカレー。みなさんが食べられるよう辛さは抑えています。日本では珍しい骨つきの鶏肉入り。もちろん白米もセット。

食事
地元で採れた新鮮なサヨーテという野菜と鶏肉のスープです。スープのダシは基本的に肉類の食材からとるので、ベースの味も日本でも馴染みのある鶏ガラなどと一緒です。