バギオの治安

フィリピン内でも「治安」がいいバギオ

外国に住むとなると、気になってくるのが治安です。特に「フィリピン」と聞けば危険なのでは?と思う方も多いかと思います。確かにマニラやセブではひったくりやスリなどが多発しています。麻薬や銃なども出回っているので決して安全とは言えません。
※2016年にドゥテルテ大統領の就任による麻薬撲滅作戦によって、麻薬使用者は大幅に削減されました。

しかしバギオ市に限って言えば、他の地域と比べても治安が良いと言われています。数多くの大学をはじめとする教育機関が整っており、歓楽街も少ないため安全のレベルはワンランク高くなっています。

またフィリピン=ストリートチルドレンと思い浮かべられているかもしれませんがバギオではほとんど見ることはありません。というのもバギオはかねてより避暑地として街づくりが進められてきた影響から富裕層が多く住んでおり、他地域に比べて露骨な格差は少ないです。街で出会う人々は礼儀正しく、親切な印象を受けます。

バギオ市には陸軍士官学校を始めとした多くの公的施設もあるため、いざというときでも安心です。また、バギオでの主な交通手段は主にジプニー(乗り合いバス)やタクシーになるかと思いますが、他の地域で見られるようなぼったくりや「お釣りがない」というケースもほとんどありません。バギオ市においては、タクシー運転手の悪行が判明した場合、厳しい罰が科されるからです。法がバギオ市の治安の予防線として機能しています。

最低限の注意を

以上のことから必要以上にバギオ滞在を心配することはないです。ただし、もちろん「外国に来ている」という自覚だけはしておきましょう。

注意したいポイント

  • 夜中に一人で歩かない
  • 明らかに高価な身なりをしない

これらを意識することで大方のトラブルは避けられます。